底地の相談は空気を読めるコミュニケーション能力を必要とする

底地の相談をする際に気をつけていることがあります。
それは、空気を読めるコミュニケーション能力を活かすということです。
ただ漠然と話をすればいいというわけではないのです。
多くの人が、不動産会社に単純に話をしに行っています。
しかし、それだけでは有益な情報をもらうことができません。
しっかりと空気を読んで、相手を気遣うことが求められるのです。
そういったコミュニケーション能力を使うことによって、
相手側もこちらを優先的に使ってくれるようになります。
このことを知らない人が多いので、特に気を付けるようにしています。
だからこそ、底地の相談相手もこちらを尊重してくれます。
ただ、相談をすればいいわけではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です